Silver Series Lo-Cap 55

セッション・グレード楽器用ケーブル

Vandamme Silver Series Lo-Cap 55

Lo-Cap 55

【 3m 】希望小売価格:¥10,000+税|JAN:4519581036040|CODE:VSL3SS

【 5m 】希望小売価格:¥14,500+税|JAN:4519581036057|CODE:VSL5SS

【 7m 】希望小売価格:¥16,000+税|JAN:4519581036125|CODE:VSL7SS

Lo-Cap 55について

キャパシタンス(静電容量)が非常に低く、高域の減衰を最小限に抑えます。正にパッシブのハムバッカーを搭載したギターには理想的です。音痩せしない中高域は、楽器のトーンを生き生きとさせます。

シルバー・シリーズについて

シルバー・シリーズは、ギターやベースをアンプに繋ぐための楽器用ケーブルです。材質と電気特性には一切妥協をしていません。柔らかさや取り回しの良さよりも、レコーディングでの音質に重点を置いています。

Lo|Flat|Hiと3タイプあり、それぞれ特長が異なります。モデル毎に高域の減衰量が違うので、アンプからの出音も変わります。

ケーブル毎の特長

  • Lo-Cap 55:高域の減衰が少ない。(特性:55 pF/m)
  • Flat-Cap 90:高域の減衰が平均的。(特性:90 pF/m)
  • Hi-Cap 125:高域の減衰が多い。(特性:125 pF/m)

パッシブ・ピックアップとの組み合わせで本領を発揮

ケーブル毎の特性の違いは、特にパッシブ・ピックアップだとハッキリと感じることができます。ただしアクティブの様な高出力ピックアップだと、違いはわずかしか感じられないでしょう。

パッシブ・ピックアップは出力レベルが低いので、このケーブルが高周波減衰フィルターの様な働きもします。

ケーブルの長さと減衰量の関係

特性のpF/mとは(このケーブルに関してわかり易く言うと)、1メートルあたりの高域の減衰量です。55 pF/mなら、1mあたり55 pFの静電容量に相応して高域が減衰します。なので、減衰量はケーブルの長さによって変わります。

例えば、10メートルのLo-Cap 55と4.4メートルのHi-Cap 125の特性は、どちらも550 pFで同じになります。

できれば、ケーブルの長さは5メートル以下を推奨します。もし長さが必要な場合は、減衰の少ないモデルをお勧めします。

ノイトリック・プラグ

プラグは高品質なノイトリック製です。Lo-Cap 55には、太いケーブルに対応するNP2XLを採用しています。また、Flat-Cap 90とHi-Cap 125にはNP2Xを採用し、片側がLプラグのモデルは、NP2RXを採用しています。

Neutrekプラグ

ユーザー・コメント

「ヴァン・ダムの高品質なケールブは20年以上に渡りこのスタジオで活躍しています。」

アビー・ロード・スタジオ(ロンドン)

 

「私のスタジオには絶対に欠かせない」

Tony Iommi – Black Sabbath

 

「最後の2枚のアルバムでは Silver Seriesを使ったよ」

Gary Moore

 

「どこに行くときでも常備しているよ」

Dan Dearnley - Eric Claptonのギターテック

 

「暖かみのあるギター・サウンドは、自然で高域が輝いている」

Martin ‘ACE’ Kent – Skunk Anansie

スペック

Vandamme Silver Series ケーブルの説明

レビュー

Vandamme Silver Series Lo-Cap 55レビュー

Guitarist REVIEW

Van Damme Silver Series Lo-Cap 55 cable

聴けば音の違いがわかるケーブル

「当社は他社のものより優れたサウンドです。」どのメーカーもが言う謳い文句です。今回レビューするケーブルは、単に良いですとは謳わずに、サウンドがどう違うのかを説明しています。

ギターケーブルには重要な2つの事柄があります。まず1つはノイズを最小限に抑えること。そしてもう1つは音質です。

ポイント:Van DammeのLo-Cap 55ケーブルの仕様は55pF/mです。これは電気容量が低いということで、高域の減衰が少ないということを表しています。これに加えて、Flat-CapとHi-Capという製品も用意されています。

使用感

シングルコイルやハムバッカー(特に、アクティブでは無いヴィンテージタイプのピックアップ)を搭載したギターの場合、Lo-Cap 55ケーブルでは、音の違いがハッキリと分かります。

同じ長さのGeorge L’s|Planet Waves|Whirlwindのケーブルと比べてみました。アンプはFender Hot Rod Deluxeです。高域は期待通り目立ってハッキリと力強さがあります。しかし、それ以上に驚いたのは、しっかりとした中域です。スタジオで使えばハッキリと違いがわかります。

総論

絶縁体に発泡ポリエチレン、芯線とシールドに銀メッキ無酸素銅線を使用した、いわゆる高級ケーブルです。Lo-Cap 55は、パブやクラブの様な混雑した会場のライブで、とりわけペダルボードを使っているなら、スペックが過剰かもしれません。

しかし、高品質な機材を使用するレコーディングで、ギターとアンプのサウンドを最大限に引き出したい場合、サウンドを色付けなくそのまま伝えたい場合、このケーブルは特にお勧めの逸品と言えます[MT]

判決

  • 満足:看板に偽りなしのクリアなトーンと高品質。
  • 不満:値段が高い。但しこれはハンドメイドの英国製。

Copyright©Nihon Electro Harmonix K.K. 画像・文章等の無断転用を禁じます。

製品の仕様/特性/価格は予告なしに変更することがあります。

Vandamme Silver Series Lo-Cap 55

Neutrekプラグ
Vandamme Silver Series ケーブルの説明
Vandamme Silver Series Lo-Cap 55レビュー
Vandamme Silver Series Lo-Cap 55

Neutrekプラグ
Vandamme Silver Series ケーブルの説明
Vandamme Silver Series Lo-Cap 55レビュー