日本エレクトロ・ハーモニックスロゴ画像

  

two notes logo

Le Bass2CH真空管ベース・プリアンプ

twonotes le bass

希望小売価格:¥54,780(税別 ¥49,800)

JAN:4519581034756

CODE:TNBAS

Le Bass

ベース専用のプリアンプです。Aチャンネルは非常にクリーンなトーンで、素早い反応と多様なトーンが求められる、今日のモダンでテクニカルなプレイにはピッタリです。Bチャンネルはソリッドでパンチがあり、ロック・ベースの基本とも言えるスウィートなサウンドです。Cold Fusionはクラシカルなベース・サウンド、Hot Fusionはディストーションからシンセ・ベースのように唸るサウンドまで再生します。

Le Preamp(ル・プリアンプ)シリーズ

真空管を搭載したペダル型のプリアンプです。ギター用は3機種(Le Clean|Le Crunch|Le Lead)、ベース用は1機種(Le Bass)です。

真空管を200ボルトで駆動させることで、小さなペダル・サイズでも、ラック型や大型のアンプと同じような、真空管本来のハリがあるサウンドを実現しています。

クリーン|ドライブの2チャンネルで、両チャンネルを組合わせることもできます。

MIDIにも対応し、パソコン用のスピーカー・シミュレーション・ソフトを使えます。

two notes le preamp

特長

2つのチャンネル

two notes le preamp

AとB、2つのチャンネルは完全に独立し、それぞれEQを装備しています。

〈Aチャンネル〉

AチャンネルのEQは、Bass|Trebleです。AチャンネルのEQ回路は、ゲイン回路の前(プリ・ゲイン)にあります。クリーン・サウンドを重視した、音の微妙なニュアンスを大切にしたサウンド作りができます。

〈Bチャンネル〉

BチャンネルのEQは、Bass|Mid|Mid Sweep|Trebleです。BチャンネルのEQ回路は、一般的なプリアンプと同じ様にゲイン回路の後にあります(ポスト・ゲイン)。EQの効果がハッキリとし、より積極的なサウンド作りができます。また、ミッドがセミ・パラメトリック式なので、中域のカットやブーストも思いのままに操れます。

Fusion(フュージョン)モード

two notes le preamp

AとB、両方のチャンネルを組合わせて使う2つのFusionモード〈Hot|Cold〉があります。Hotは直列で、Coldは並列で、AとBのチャンネルを接続します。フットスイッチのAとB、両方を同時に踏むとFusionモードになります。

Hot Fusionモード

two notes le preamp hot fusion

Hot FusionモードではAとBのチャンネルが直列で繋がり、AチャンネルをBチャンネルのブースターとして使うことができます。このモードでは、FUSIONノブでAチャンネルの出力レベルを設定できます(AチャンネルのVOLUMEノブは効かなくなります)。

Cold Fusionモード

two notes le preamp cold fusion

Cold FusionモードではAとBのチャンネルは並列になり、Aチャンネルのクリーン・サウンドとBチャンネルのディストーション・サウンドをミックスできます。歪んだサウンドにクリアで明快なサウンドを混ぜることで、音の粒立ちがハッキリとし、広いダイナミクスを加えられます。このモードでは、FUSIONノブでAチャンネルの出力レベルを設定できます(AチャンネルのVOLUMEノブは効かなくなります)。

複数のLe Preamp(ル・プリアンプ)を繋ぐ

two notes le preamp connection

Le Preampは全部で4機種あります。ギター用は3機種(Le Lead|Le Crunch|Le Clean)で、それぞれサウンドが違います。ベース用は1機種(Le Bass)です。

複数のLe Preampを繋ぐと、多チャンネルのプリアンプの様に使えます。この場合、1台のフットスイッチを踏むと、他のモデルは全てバイパスされます。それぞれの機器をMIDIケーブルで繋ぐだけで、面倒な設定等はありません。

MIDI対応

two notes le preamp connection

MIDIレシーブ:

外部のMIDI機器からのMIDIプログラム・チェンジ(PC)信号を受けて、本機のチャンネル(A|B|Cold Fusion|Hot Fusion|Bypass)を切替えることができます。

MIDIセンド:

チャンネル(A|B|Cold Fusion|Hot Fusion)を切替える際に、MIDIプログラム・チェンジ(PC)を外部MIDI機器に送ることができます。

エフェクト・ループ

two notes le preamp connection

エフェクト・ループを搭載しています。端子は1/4″アンバランス端子です。本機をバイパスした場合は、エフェクト・ループもバイパスになります。

DI出力

two notes le preamp connection

XLRバランスDI出力を搭載しているので、ミキサーやレコーディング機器に接続できます。アナログのスピーカー・シミュレート機能(オン/オフ可能)を使うことができます。

スピーカー・シミュレーター機能

アナログのスピーカー・シミュレーターを搭載しています。DI出力とヘッドホン出力で使え、オン/オフが可能です。

ヘッドホン端子

ヘッドホン端子を装備しています。深夜の練習等に便利です。アナログのスピーカー・シミュレート機能(オン/オフ可能)を使うことができます。ステレオ・ミニフォーン端子です。

パソコンと連携

本機はパソコンと連携して使用できます。連携できるアプリは2種類です。

それぞれTwo notesのウェブ・サイトでダウンロードできます。ご使用環境に合ったものをお選びください。

リンク:Two notesのダウンロードサイト

Torpedo Wall of Sound

two notes torpedo wall of sound

スピーカー・キャビネットとマイキングのシミュレーションを行うパソコン用アプリです。DAWのプラグイン・ソフトとして使います。Torpedoハードウェアと同品質のスピーカー・シミュレーションを、パソコンで行えます。本体をお持ちの方は以下のキャビネットを無料でお使いいただけます。

Torpedo BlendIR

two notes torpedo blendir

IR(インパルス・レスポンス)の研究や実験をするパソコン用のアプリです。異なるIRをミックス|IRを微調整|IRを加工することができる他、IRをTorpedo本体に転送することができます。

Wall of soundで使えるシミュレート

キャビネット・リスト

2Notes CSB Two Notes Custom 1×15″
Alu XL Hartke® XL 4×10″
AZ Ben SWR® Big Ben 1×18″
AZ Work SWR® WorkingMan 4×10″;
Calif Low Mesa/Boogie® 2×10″
Fridge Ampeg® 8×10″
Heaven Bot David Eden® 1×15″
Heaven Top David Eden® 1×10″
Marco Markbass® 2×10″
New York Markbass® 4×6″
Rea One AER® Cab One 2×10″; + 1×8″
Voice V125 Vox® V125 2×12″ (“Vox® 2×12″)
WgrandBlvd Ampeg® B15N 1×15” CB Jensen® C15N, Vintage Ceramic
Bull Neo2 Taurus® TN210 2×10″ with new generation neodymium drivers
Fridge 9 Ampeg® V.9 – 9×10″

マイク・リスト

Dyn 57 ダイナミック・マイク Shure® SM57
Dyn 421 ダイナミック・マイク Sennheiser® MD421
Knightfall コンデンサー・マイク Blue® Dragonfly
Cnd 87 コンデンサー・マイク Neumann® U87
Rbn160 リボン・マイク Beyerdynamic® M160N
Rbn121 リボン・マイク ruban Royer® R121
Dyn Bass 20 ダイナミック・マイク Electrovoice® RE20
Dyn Bass 52 ダイナミック・マイク Shure® Beta52

パワー・アンプ・リスト

SE 6L6 Single-ended Class-A with 6L6
SE EL34 Single-ended Class-A EL34
SE EL84 Single-ended Class-A with EL84
SE KT88 Single-ended Class-A with KT88
PP 6L6 Push-pull Class-AB with 6L6
PP EL34 Push-pull Class-AB with EL34
PP EL84 Push-pull Class-AB with EL84
PP KT88 Push-pull Class-AB with KT88

スペック

入力 端子:1/4″、アンバランス(TS)
インピーダンス:1 MΩ
リターン 端子:1/4″、アンバランス(TS)
最大入力レベル:+17 dBu
インピーダンス:2.2MΩ、アンバッファード、アクティブ時はOUTPUTに直接接続されます。
出力 端子:1/4″、アンバランス(TS)
最大出力レベル:+11 dBu
インピーダンス:300Ω
スルー端子 1/4″、アンバランス(TS)、アンバッファード、INPUTから直接接続されています。
センド 端子:1/4″、アンバランス(TS)
最大出力レベル:+11 dBu
インピーダンス:300Ω
DI出力 端子:XLR、バランス
インピーダンス:600Ωバランス|300Ωアンバランス
最大出力レベル:-7 dBu
ヘッドホン端子 ミニ・フォーン端子、ステレオ(TRS)
真空管 Ruby 12AX7AC5 HG
トーン・コントロール Aチャンネル:パッシブ・ベース/トレブル
Bチャンネル:パッシブ・ベース/トレブル、アクティブ・ミッド/スイープ
ミッド・ゲイン:-18〜+6 dB
ミッド周波数(Le Clean, Le Crunch, Le Lead):300Hz〜1.5kHz
ミッド周波数(Le Bass):220Hz〜1.5kHz
電源 電源アダプター付属、端子:2.1mm、センター・マイナス、
電圧:12V DC、消費電力:6W、消費電流:500mA
寸法 124 × 189 × 50 mm
重量 750g

4タイプのLePreamp

Le Bass

twonotes torpedo le bass

ベース専用のプリアンプです。Aチャンネルは非常にクリーンなトーンで、素早い反応と多様なトーンが求められる、今日のモダンでテクニカルなプレイにはピッタリです。Bチャンネルはソリッドでパンチがあり、ロック・ベースの基本とも言えるスウィートなサウンドです。Cold Fusionはクラシカルなベース・サウンド、Hot Fusionはディストーションからシンセ・ベースのように唸るサウンドまで再生します。

Le Clean

twonotes torpedo le clean

南カルフォルニアのクラシック・アンプを思わせるサウンドです。Aチャンネルは限りなくクリーンなサウンド。Bチャンネルは甘くビンテージなオーバードライブ・サウンドです。Cold Fusionモードではテキサスのドライブ・サウンド、Hot Fusionモードではビンテージ・ツイード・アンプのトーンを得られます。

Le Crunch

twonotes torpedo le crunch

60年代末のスタック・アンプによるブリティッシュ・ロック・サウンドです。Aチャンネルはプレキシ・アンプによるハスキーなクリーン・トーンです。Bチャンネルはクラシック・ロックの歪んだサウンド。Cold Fusionモードはパンクなロック・サウンド、Hot Fusionモードはハードロックのディストーション・サウンドです。

Le Lead

twonotes torpedo le lead

サステインのあるハイゲイン・サウンドです。Aチャンネルはフュージョン音楽にぴったりな繊細で爽やかさのあるクランチーなクリーン・トーン。Bチャンネルは芯のあるパワフルでハードなディストーションサウンド。Cold Fusionモードはダウン・チューニングにもぴったりな重厚なメタル・サウンド、Hot Fusionモードはテクニカルなプレイを引き立てるサステインのあるハイゲイン・ディストーションです。

two notes logo