ロックの礎を築き上げた伝説のラウド・スピーカー

1950年代~60年代のほとんどのアメリカン・アンプに使用された伝説のスピーカー、それがJensenです。現在でもトップギタリストたちは、Jensenスピーカーを使用し、ビンテージ真空管アンプから最高のトーンを弾き鳴らしています。

 

1927年、Peter Jensenは起業し、まず軍やラジオ用のスピーカーの製造を始め、後に一般的なラウド・スピーカーを開発しました。1940年台中頃に、レオ・フェンダーがアンプの制作を始めた際に選んだのがJensenのスピーカーでした。勿論その素晴らしいトーンが選んだ理由です。フェンダーのツイン・リバーブ、ベースマン、デラックス・リバーブ等、現在でも真空管アンプの基本とも言えるトーンは、ジェンセン・スピーカーが引き出していたのです。

 

その後も1960年代、アンペグ、ギブソン、グレッチ、シルバートーン等、当時のほとんどのアメリカン・アンプで採用されました。Jensenスピーカーこそ1950年代~60年代のアメリカン・ミュージックを創り出した言っても過言ではないでしょう。

 

Peter Jensen

Alnico P

フェンダーのビンテージ・アンプが搭載していたモデル。中低音の豊かでクリーンなトーン。磁石はアルニコ。

Ceramic C

60年代のアメリカ製アンプが多く採用していたモデル。クリアで倍音が豊か。磁石はセラミック(フェライト)。

Chicago

現代と未来のサウンドを目指したシリーズ。倍音が豊かで中広域の抜けが良い。磁石はセラミック(フェライト)。

Blackbird

スムーズなディストーション・サウンド。パワフルながら上品、暖かみがあり伸びのある高域。磁石はアルニコ。

Electric Lightning

ラウドでヘヴィ。激しいディストーションと静寂なクリーンの2つが両立。磁石はセラミック(フェライト)。

Falcon

歪みブリティッシュ、クリーンはジェンセンらしくクリスピー。磁石はセラミック(フェライト)。

Bass Punch

パンチがありソリッドベース用モデル。クリーンでタイト、明るいサウンド。磁石はセラミック(フェライト)。

Bass Smooth

ヘッドルームが大きくクリーンで柔らかい音のベース用モデル。重低音も確実に再生。磁石はネオジム。

 

Copyright©Nihon Electro Harmonix K.K. 画像・文章等の無断転用を禁じます。

製品の仕様/特性/価格は予告なしに変更することがあります。