日本エレクトロ・ハーモニックスロゴ画像

  

two notes logo

Precision Phono PreMC|MM型カートリッジ対応フォノ・イコライザー・アンプ

art precision phono pre image

希望小売価格:¥7,700(税別:¥7,000)

JAN:4519581037511

CODE:ARTPPP

製品概要

本機を使えば、フォノ・イコライザーを搭載していないレコード・プレーヤーを、レコーディング・システム等に接続できます。MC(Moving Coil)型カートリッジとMM(Moving Magnet)型カートリッジの両方に対応しています。

art precision phono pre image
art precision phono pre image

MC型とMM型カートリッジに対応

入力は、MC型とMM型を切り替えられ、カートリッジに合わせて、ゲインとカートリッジの負荷を変更します。加えてMC型カートリッジの負荷抵抗を100Ω or 25Ωに設定できます。さらにGAIN TRIMコントロールで各カートリッジに合わせて出力の最適化もできます。

余分なノイズを除去

低ノイズのアンプ回路を採用し、昇圧トランスが原因のノイズや歪みはありません。また、ローカット・フィルターにより、音質を損なうことなくレコード・プレーヤーによる余計なサブソニック成分を取り除くことも出来ます。

特長

アナログ・レコードの再生時にフォノ・イコライザー・アンプが必要な理由

  1. 低域と中高域を等しく再生できないため、再生時には低域を補う必要があります。
  2. レコードには一定のヒスノイズがあるために、その対策としてプレス前に高域周波数のゲインをブーストするポスト・プロダクション作業を行います。従って再生時には逆のイコライジングをする必要があります。
  3. フォノ・カートリッジの出力信号は弱い(MM 型カートリッジでも5mV程度)ので、再生時には前述の項目1と2を考慮した上で増幅する必要があります。1950年台中期、RIAA(アメリカレコード協会)は、補償基準を確立しました。その結果として、この時からRIAAフォノ・イコライザーが全てのHi-Fiステレオ・アンプに組み込まれ、フォノ入力が付きました。フォノ・イコライザーがないミキサーにレコード・プレーヤーを接続する場合は、別途フォノ・イコライザー・アンプが必要です。
  4. MC型カートリッジは、一般的にロー・インピーダンスで低出力(約0.2mV)です。ほとんどの場合負荷抵抗24〜100Ωで最適に動作し、この抵抗値がカートリッジのサウンドを決定します。
  5. MC型カートリッジには、負荷抵抗が47kΩで出力が2mV程度の「高出力」タイプもあります。本機では、INPUT TYPEをMoving Magnetに設定することでこれに対応し、GAIN TRIMで6~8dBのゲイン補正を行ってください。

スペック

入力端子 金メッキRCA 47kΩ/100pF(MM)or 25/100Ω(MC)切替可
出力端子 金メッキRCA、100Ω
最大入力レベル 440mV(1kHz、MMモード)/44mV(1kHz、MCモード)
最大出力レベル 6Vrms / +18dBu
最大ゲイン 43dB(MM)/63dB(MC)
周波数特性 20Hz〜20kHz、±0.5dB
ローカット・フィルター 22Hz、2pole
THD <0.0010%(typical)
E.I.N 346nV、-127dBu
シャーシ アルミニウム、ブラック・アルマイト処理、ラバー・サイド付き
電源 9VAC/500mA
寸法 47.5H × 117W × 108D mm
重量 0.86 kg
注:0 dBu = 0.775Vrms
仕様は予告なく変更することがあります。

比較表

USB Phono Plus DJ Pre II Precision Phono Pre
接続 デジタル|アナログ アナログ アナログ
対応カートリッジ MM型 MM型 MC型|MM型
入力切り替え フォノ|ライン 負荷容量 100pF|200pF MC(負荷抵抗 25|100Ω)|MM
特徴 レコード・プレーヤーをパソコンにUSBで接続可能。 レコード・プレーヤーのMM型カートリッジに対応 レコード・プレーヤーのMC型とMMカートリッジに対応
two notes logo