日本エレクトロ・ハーモニックスロゴ画像

  

two notes logo

Torpedo Studio2CHスピーカー・シミュレーター+ロード・ボックス

two notes torpedo livetwo notes torpedo live two notes torpedo live icon

オープン価格

JAN:4519581034251

CODE:TNST

製品概要

本機は、スピーカー・シミュレーター+ロード・ボックスです。入力真空管アンプにスピーカー・キャビネットを繋がなくても使用することがでます。他にも、IRの使用、信号の位相等、レコーディングに必要な様々な機能があります。

特長

スピーカー・シミュレート

two notes torpedo studio speaker simulate

シミュレート機能は、スピーカー(50種)、マイクの種類(8種)や位置等、マイキングに関する様々な設定をとても正確に行えます。 パラメーターも多く、キャビネットの周波数特性や歪みを再現できるので、ギターやベース・トラックをリアルなサウンドで録音できます。アナログとデジタル、2つの優れた回路で最高のシミュレーションを行います。

ロード・ボックス

two notes torpedo studio spkeaker jack

通常、真空管アンプを使用する際はスピーカー・キャビネット等のロード(負荷)が必要です。そうしないと真空管アンプは故障してしまいます。もし、スピーカー・キャビネットを繋がないならば、代わりに負荷を受けるために、本機のようなロード・ボックスが必要です。本機のロード・ボックス機能では、レジスティブ or リアクティブ、どちらかを選べます。リアクティブは自然なサウンド、レジスティブは暖かみのあるサウンドです。

デュアルモノ|ステレオ・マイキング

2台のキャビネット+2本のマイクをミックスできます。異なる2本のマイクをスピーカーの前に設置したり、異なる2台のスピーカーを使えます。2つのシミュレーションをミックスしてステレオ出力できます。

ポスト・エフェクト部

two notes torpedo studio post fx

PAやレコーダーに送る前に、搭載するエフェクトを掛けることができます。シンプルで効果的なEQ、1バンド・エキサイター、スタジオ品質のコンプレッサーを搭載しています。

パワーアンプ・シミュレート

本機にはプリアンプも繋げられます。この場合は、搭載する真空管パワーアンプのシミュレーション(8種)が役立ちます。アンプの構成と真空管の種類を選べます。

リマイキング

スタジオでは、一旦ドライ音を録音しておいて、ミックス時にサウンドを処理をするということが行われています(我々はリマイキングと呼んでいます)。本機ならばこれも気軽に行えます。DAWに録音する時、ドライ音とシミュレートした音の両方を同時に録ることも簡単です。

シミュレート

ギター・キャビネット・リスト

2Notes CSG Two Notes Custom 1×12″ ElectroVoice® EVM12L
Alichino Cornford® Harlequin 1×12” OB Celestion® Vintage 30 UK
Angl VintC Engl® 4×12″ Celestion® V30
Bayou Jenkins® Sound Lab 2×12” OB Eminence® Patriot Swamp Thang
BDeLuxe Fender® Blues Deluxe 1×12″
Blonde 63 Fender® Bassman ’63 Blonde Tolex Piggy Back 2×12″
Brit 65C Marshall® 1965A 4×10″ Celestion® G10L-35 closed back
Brit 65O Marshall® 1965A 4×10″ Celestion® G10L-35 open back
Brit Std Marshall® JCM900 2×12″ Celestion® G12T
Brit VintC Marshall® Slash Signature 4×12″ Celestion® V30 closed back
Brit VintO Marshall® Slash Signature 4×12″ Celestion® V30 open back
Calif C90 Mesa/Boogie® 1×12″ Celestion® C90 (Black Shadow)
Calif StdC Mesa/Boogie® Rectifier® Standard 4×12″ Celestion® V30 closed back
Calif StdO Mesa/Boogie® Rectifier® Standard 4×12″ Celestion® open back
Eddie Peavey® 5150 2×12″ Sheffield 1200
Forest Elmwood® 2×12″ Celestion® V30
Free Rock VHT® Deliverance 4×12″ Eminence® P50E
Free Rock2 VHT® Deliverance 2×12″ Eminence® P50E
Green Tri Hughes & Kettner® Triamp 4×12″ Celestion® Greenback
Jazz 120 Vintage Roland® JC120 2×12″
JubilGreen Marshall® 2550 2×12″ Celestion® Greenback
JubilV30 Marshall® 2550 2×12″ Celestion® V30
Kerozen Diezel® 4×12″ Celestion® G12K-100
Silver77 Vintage Fender® Twin Reverb® 2×12″ orange JBL®
SilverJen Vintage Fender® Twin Reverb® 2×12″ Jensen® C12K
StrongBack VHT® Fat Bottom 4×12″ Eminence® P50E
The One Brunetti® Neo1512 1×15″ + 1×12″
Twill 15 Clark® Tweed Replica 1×15” OB Jensen® 1959
Vibro Utah Vintage 1961 Fender® Vibrolux® 1×12″ original Utah speaker
Vibro V30 Vintage 1961 Fender® Vibrolux® 1×12″ Celestion® V30
Voice 30 Original Vox® AC30 JMI 2×12″ Celestion® “Silver Bell”
Voice 65 1965 Vox® 2×12″
VoiceModrn Vox® V212H, 2×12″ Celestion® Alnico Blue
Watt FanC Hiwatt® 2×12″ Fane closed back
Watt FanO Hiwatt® 2×12″ Fane open back
XTCab Bogner® 4×12″ Celestion® V30

ベース・キャビネット・リスト

2Notes CSB Two Notes Custom 1×15″
Alu XL/ Hartke® XL 4×10″
AZ Ben SWR® Big Ben 1×18″
AZ Work SWR® WorkingMan 4×10″
Calif Low Mesa/Boogie® 2×10″
Fridge Ampeg® 8×10″
Heaven Bot David Eden® 1×15″
Heaven Top David Eden® 4×10″
Marco Markbass® 2×10″
Voice V125 Vox® V125 2×12″

マイク・リスト

Ribbon 121 based on Royer® R121
Ribbon 160 based on Beyerdynamic® M160N
Dynamic 57 based on Shure® SM57
Dynamic Bass52 based on Shure® Beta 52
Dynamic 421 based on Sennheiser® MD421
Dynamic Bass20 based on Electrovoice® RE20
Condenser 87 based on Neumann® U87
Condenser Knightfall based on Blue® Dragonfly

パワー・アンプ・リスト

SE 6L6 Single-ended Class-A with 6L6
SE EL34 Single-ended Class-A EL34
SE EL84 Single-ended Class-A with EL84
SE KT88 Single-ended Class-A with KT88
PP 6L6 Push-pull Class-AB with 6L6
PP EL34 Push-pull Class-AB with EL34
PP EL84 Push-pull Class-AB with EL84
PP KT88 Push-pull Class-AB with KT88

使用例|接続例

シンプルな設定

two notes torpedo live on stage

アンプからスタジオでマイキングしたようなサウンドをライン・レベルで取り出せます。

スタジオでの接続例

two notes torpedo live in studio

レコーディングのユニークなオプションとして、THRU出力にスピーカー・キャビネットを接続し、実際のスピーカー・キャビネットを使ったマイキングと本機の出力とを同時に録音することができます。こうすると、一度の録音で同時に異なる3本のマイクを使えます。

ステージでの接続例

two notes torpedo live on stage

MIDIフットコントローラーを使えば、パラメーターやプリセットをリアルタイムで操作できます。

ステージ上でプリアンプと一緒に使う

two notes torpedo live on stage

本機は2つのライン入力が可能です。ここにはギターやベース用のプリアンプに加え、キーボードの様なライン出力の機器を接続できます。

キャビネットから音を出しつつ使う

two notes torpedo live on stage

ステージやスタジオでは、キャビネットから音を出したい場合もあるでしょう。本機のTHRU出力とキャビネットをつなげば、本機のシミュレーションやエフェクト無しの、いつものアンプ・サウンドをキャビネットから出せます。

ドライ・レコーディングとリマイキング

two notes torpedo live on stage

この方法を使えば、一旦レコーディングした後でもレコーディングし直すことができます。

パソコンと連携

本機はパソコンと連携して使用できます。連携できるアプリは3種類です。

それぞれTwo notesのウェブ・サイトでダウンロードできます。ご使用環境に合ったものをお選びください。

リンク:Two notesのダウンロードサイト

Torpedo Wall of Sound

two notes torpedo wall of sound

スピーカー・キャビネットとマイキングのシミュレーションを行うパソコン用アプリです。DAWのプラグイン・ソフトとして使います。Torpedoハードウェアと同品質のスピーカー・シミュレーションを、パソコンで行えます。Torpedo本体をお持ちの方は本体付属と同じキャビネットを無料でお使いいただけます。

Torpedo Remote

two notes torpedo remote

本機を、USBで繋いだパコソンで操作するためのアプリです。本体のパラメーターを、パソコンの画面でグラフィカルに操作できます。他にも本体のキャビネット・データの入れ替え等も行えます。

Torpedo BlendIR

two notes torpedo blendir

IR(インパルス・レスポンス)の研究や実験をするパソコン用のアプリです。異なるIRをミックス|IRを微調整|IRを加工することができる他、IRをTorpedo本体に転送することができます。

スペック

スピーカー入力 1/4インチ・フォーン端子、アンバランス(TS)
最大入力電圧:280 V AC(51 dBu)
セアナログ入力キュリティー・ロード:200 Ω @ 10 W
アナログ入力 コンボ端子 × 2、XLRー1/4インチ・フォーン端子バランス(TRS)/アンバランス(TS)
最大入力レベル:8.70 dBu
入力インピーダンス:20 k Ω バランス、10 k Ω アンバランス
ロードボックス リアクティブ or レジスティブ・ロード(切替)、ノミナル・インピーダンス:4 or 8 or 16Ω(切替)
最大許容入力:150 Watts(適切な換気を想定)
最大許容電力(ピーク):200 Watts(適切な換気を想定)
冷却ファン装備
ハイ・インピーダンス・モード:キャビネットをTHRU 端子に繋いだ時(ロードボックス不使用時)
スピーカースルー 1/4インチ端子、アンバランス(TS)
アナログ出力 XLRバランス × 2
インピーダンス:600 Ω バランス、300 Ω アンバランス
最大出力レベル:
・ロード無し、バランス:11.2dBu
・10 k Ωロード、バランス:10.7dBu
・ロード無し、アンバランス:5.1dBu
・10 k Ωロード、アンバランス:4.9 dBu
ヘッドホン出力 ステレオ 1/4インチ端子
S/PDIF サンプリング周波数:44.1 kHz〜96 kHz
マスター又はスレーブ
AES/EBU サンプリング周波数:44.1 kHz〜96 kHz
マスター又はスレーブ
ADC サンプリング周波数:192 kHz
分解能:24 bits
ノイズレベル:-111 dB (A-weighted)
THD:0.0026%
ステレオ・クロストーク:-109 dB
DAC サンプリング周波数:96 kHz
分解能:24 bits
ノイズレベル:-109 dB (A-weighted)
THD:0.0008%
ステレオ・クロストーク:-106 dB
周波数特性(-1dB) 13 Hz〜45 kHz
レイテンシー Normal latency mode時:5.063 ms
Low Latency mode時:3.064 ms(ライン入力 to ライン出力)
熱保護 冷却ファンで温度を調整
115°C でディスプレイに警告表示、出力信号をミュート
125°C でロードボックス機能停止、アンプの出力を200 Ωロードに接続して安全にロードし、アンプ温度を下げます
電源 IEC60320 C14 電源端子
入力電圧:100V AC、50/60 Hz
消費電力:約10 W
寸法 幅440 mm,(483 mm:ラック耳含む)
奥行:180 mm(230 mm:コネクター&ノブ含む)
高さ:88 mm
重量:4 kg

Torpedo比較表

  Studio LIVE Captor-X Captor Reload C.A.B. M
サイズ 2U 1U DIボックス  DIボックス 2Uデスクトップ ペダル
冷却ファン付ロードボックス 150W RMS • 200W Peak(4|8 |16Ω) 100W RMS (8Ω) 100W RMS (8Ω) 100W RMS (4 or 8 or 16Ω) 150W RMS • 200W Peak(4|8 |16Ω)
ロードボックス・タイプ レジスティブ&リアクティブ リアクティブ リアクティブ リアクティブ リアクティブ
負荷補償 ◯(レジスティブ・モード)
スピーカー入力
インスト入力/ペダル入力 コンパチブル コンパチブル
バランス・ライン入力 コンボ 1/4″/XLR × 2 1/4″ TRS 1/4″ TRS 1/4″ TRS
バランス・ライン出力 XLR × 2 1/4″ TRS XLR × 2 XLR • 1/4″ TRS XLR×1 1/4″ TRS
ヘッドホン出力 1/4″ TRS 1/4″ TRS 1/4″ TRS 1/8″ TRS
デジタル入出力 AES/EBU • S/PDIF S/PDIF出力のみ
ワードクロック入力 BNC
MIDI MIDI In + Out/Thru MIDI Inのみ MIDI Inのみ
USB
コンバーター 24 bits • 192kHz 24 bits • 96kHz 24 bits • 96kHz 24 bits • 96kHz
プロセッシング・チャンネル数 2 1 1 1 1 1
シミュレーションIR数 2 2 2 2
マイク位置設定
バリファイ
オーバーロード
Two noteキャビネット数 50 32 32 16(WoS使用時) 24(WoS使用時) 32
ライブラリ拡張
キャビネット・スロット数 50 32 32 32
IRスロット数 50 512 512 512
マイク数 8 8 8 8(WoS使用時) 8(WoS使用時) 8
パワーアンプ・シミュレーション数 8 8 8(WoS使用時) 8(WoS使用時) 8
エフェクト 5バンドEQ、エキサイター、コンプ、リバーブ 5バントEQ、リバーブ エンハンサー、リバーブ、ツイントラッカー、EQ、ノイズゲート 5バンドEQ、エキサイター、コンプ、リバーブ(WoS使用時) 5バンドEQ、エキサイター、コンプ、リバーブ(WoS使用時) 5バンドEQ、リバーブ
レイテンシー(ms) ノーマル:5.1
ロー:3.1
1.7 2.2 2.2
two notes logo