456 Microphone Pre-Amplifier

ジミヘン、ストーンズ、スティービー・ワンダー等がスタジオで使用したマイク・プリアンプが現在に蘇りました。

マイク・プリアンプ with アナログ・テープ・シミュレーター

価格:オープン

JAN:4519581035319

CODE:RMS456MP

数々の有名スタジオで活躍したマイク・プリアンプ

この456 Microphone Pre-Amplifierは、ロジャー・メイヤーが自信を持ってお届けするマイク・プリアンプです。ジミヘンのサウンド・エンジニアとしてお馴染みのロジャー・メイヤーですが、1970年頃には、スタジオ用にコンソールを製作していました。

 

そのスタジオたるや、ジミ・ヘンドリックスがAxis Bold as Loveで、またローリング・ストーンズがJumpin Jack Flashで使用したロンドンのOlympic Studios、スティービー・ワンダーがInnervisionsやMusic of My Mindで使用したニューヨークのElectric Lady StudiosRecord Plantを始め、名だたる有名スタジオ揃いです。

 

それらのコンソールに装備されて、数々の名盤で使用された高音質なマイク・プリアンプを、ラックマウント機として現在に蘇らせたのが、この456 Microphone Pre-Amplifierです。

マイク・プリアンプ黄金期のサウンド

本機は当時と同じく、ICを使わずに厳選したパーツのみを使用した、ディスクリート回路設計を採用しています。マイク・プリアンプの黄金期とも呼べる、当時の素晴らしいサウンドが現在に蘇ります。

456HDアナログ・テープ・シミュレーション

デジタルでは再現が困難な、アナログ回路によるテープ・シミュレーションを搭載しています。ボタン一つで、テープ録音ならではの魅力的な音質を、簡単に再現できます。また、ライン入力端子を使えば、ミックスやマスタリング時に、この機能だけを使うこともできます。

プロフェッショナルな仕様

GAINとOUTPUT 2つのノブで簡単に素早くレベルを設定できます。また、ファントム電源供給と位相反転スイッチも装備しています。VUメーターは素早く反応し精度が高く、キャリブレーション調整ができます。マイクに加えライン機器の接続もでき、それぞれ専用の入力トランスを搭載しています。

スペック

  • マイク入力感度:-75dBV to  -10dBV
  • ライン入力レベル:+4dBu、バランス
  • ライン入力インピーダンス:10kΩ
  • 出力レベル:+4dBu、バランス
  • 出力レベル・ノイズ(ライン):-118dBu
  • 出力インピーダンス:100Ω、バランス
  • 出力負荷インピーダンス:10kΩ以上
  • 456HDダイナミック・レンジ:96dB
  • ヘッドルーム:最大入力レベル+35dBm〜内部ヘッドルーム25dB
  • 寸法:483W × 90H × 250D mm(2Uラック・サイズ)
  • 重量:4.0kg
  • 電源:専用電源アダプター付属(+48V DC)

リアパネル

Copyright©Nihon Electro Harmonix K.K. 画像・文章等の無断転用を禁じます。

製品の仕様/特性/価格は予告なしに変更することがあります。