EKO Rokes Bass

<生産終了>ROKES BASS

価格:¥84,000 +税(ハードケース付属)

JAN:4519-5810-27970 CODE:ROKES

  • 特長
  • スペック
  • 画像
  • 記事

EKOの歴史

EKO(エコー)はイタリアで長い歴史を持つ楽器メーカーで、1959年にギターの製造を始めました。始め、シチリア出身のパラディーノ兄弟はクラシック・ギターの製作をしますが、後にエレクトリック・ギターやベースもラインナップに加わわります。EKO社はアメリカに多くのモデルを輸出し、イタリア最大の楽器メーカーになり、自社ブランドの他にも様々なメーカーの楽器製造を行なっていました。

 

ROKES BASS概要

1965年に誕生したイタリアはEkoのRokes Bass。ゴールデン・カップスのルイズ・ルイス加部氏の使用でも有名なロケット・ベースが遂に復活しました。そのロケットの様なボディシェイプのみならす、ボディ材、メイプルでマホガニーを挟み込んだ3ピースネック、アメリカ製のアルニコを用いたピックアップ等、出来る限り当時のモデルを再現しています。エコー独自のショートスケールなので、プレイのし易さでも特筆するべきものがあります。

 

ピックアップとバインディング

rokes Pickup

ピックアップはオリジナルのシングル・コイルです。スラントしてマウントしてあります。フロント近くにあるのでとても豊かな低域です。指板にはバインディングが施してあります。

ストラップピンとネック

ストラップピンはジョイントプレート部に配置。ネックはメイプルでマホガニーを挟んだ3ピース仕様です。

コントロール

Eko Rokes Control

コントロールはボリューム&トーンとシンプルです。

 

Body
basswood
Neck
3 piece(maple - mahogany - maple)
Truss Rod
two way action
Fingerboard
rosewood
Machine Heads
chrome die cast, 20:1 Gear ratio
Neck Scale Length
768 mm / 30.24 inch
Pickup
eko original single coil (alnico)
Controls
1 x Volume / 1 x Tone
Bridge
old style standard
Color
eko vintage red
Eko Rokes Bass

Electric Guitar Vol109掲載記事(PDF:216KB)

Eko Electric Guitar Vol109掲載記事

 

ベースマガジン2010年8月号135ページに掲載

「60年代に一世を風靡した、“ビザール・ベースの名器”が復活!!」