BSM RM Majestic

RM Majestic

トレブル・ブースター

価格 ¥85,000 +税

JAN 4519-5810-22487

CODE MAJ

概要 

RM Majesticは、RMより更に厳しい基準のもとに、希少なゲルマニウム・トランジスタOC44を選定して製作しました。ただでさえ入手困難なOC44の中でRM Majesticの基準を満たすものはあまりにも少なく、現時点では27台しか製作されません。その27台のうちの10台がこの度、日本で発売されます。(2006 / 08 / 07)

レンジ・マスターについて

RM (Majestic)は1965年から1969年まで製作されていた英国ダラスのレンジ・マスターを忠実に再現したものです。レンジ・マスターはエリック・クラプトンがJOHN MAYALL'S BLUES BREAKERSからCREAMに至るまで愛用していたものです。

そのパワフルなトーンはBLUES BREAKERSの“Beano”のアルバムで聴くことができます。そのほかにもロリー・ギャラガー、トニー・アイオミ、ブライアン・メイ等かなり多くのミュージシャンが、レンジ・マスターを使用していました。

Majesticの特長

RM Majesticはディテイルまでもが豊かになりRMと比較してよりナチュラルでギターのサウンド、キャラクターが活きてきます。ヘッドルームが大きく、またゲインも約4dB高くなります。

Majesticのサウンド

RM Majesticは比較的、低〜中インダクタンスのピックアップを搭載したギター(フェンダー、ギブソン、バーンズ、グレッチなど)を想定してデザインしています。そういったピックアップを搭載したギターにRM Majesticを使用すて、ギターのボリュームコントロールを最大にすると、太く、バイトがありながら、耳触りなトーンをカットしたリード・トーンが得られます。

そしてギターのボリュームを下げると、ボリュームに応じて、歪み量が異なるクランチ・トーンが得られます。アンプのボリュームが上がっている場合(歪み、サチュレーションする程度)、高域が失われ、ゆるいサウンドになりますが、RM Majesticを使用すると、よりギターに忠実なサウンドが得られます。そのため、アンプのプレゼンス・コントロールはほとんど必要ありません。

ヴィンテージ・アンプと使用

ヴィンテージ・アンプ(Fender Deluxe、Fender Bassman、Vox AC30、Marshall JTM 45、Marshall Plexi)を使用する場合、クオリティの高いトレブル・ブースターによる素晴らしい効果が得られます。

接続に関して

トレブル・ブースターはギターとアンプの間に接続してください。決して、エフェクト・ループには使用しないでください。

ギターのピックアップ、トレブル・ブースター、アンプの相互関係からそのマジカルトーンは生まれます。

※ 注 意 ※

注意: ヴォリューム・コントロール回すと回路の性格上ノイズが出ます。(オリジナルと同じように!)

特性

サイズ:75W×110H×53Dmm/270g